名護パイナップルワイナリー

HISTORY


沿革

  • 1927年

    沖縄県パイナップル産業の幕開け

    名護市本部町伊豆味にて現在の主要品種であるスムースカイエン種が導入された。

    沖縄県パイナップル産業の幕開け

  • 1935年

    本格的な栽培開始

    台湾からの入植者により石垣島で本格的な栽培がスタート。

    本格的な栽培開始

  • 1952年

    戦後のリスタート
    ~本格的な栽培開始~

    沖縄本島での栽培が再開された。

  • 1960年

    二大基幹作物に成長

    パイナップルはサトウキビと並ぶ二大基幹作物として、沖縄県の経済を支えるまでに成長した。

  • 1979年

    株式会社名護パイン園設立

    パイナップル畑の中に立つログハウスにて、自社で育てたパイナップルの販売。

    株式会社名護パイン園設立

  • 1992年

    株式会社 名護パイナップルワイナリー 誕生

    日本最南端のワイナリーとして、日本初のパイナップルワイナリーが誕生した。

    株式会社 名護パイナップルワイナリー 誕生

  • 1995年

    条件付き酒類製造免許取得

    果実酒製造免許
    条件 「使用する果実は、パインアップルに限る。」

  • 2003年

    缶詰製造

  • 2004年

    条件解除

    果実酒製造免許

  • 2006年

    パイン酢工場設立
    ゴーヤー原液 新発売

  • 2013年

    飲んでおいしいパインの酢 製造開始
    パイン酢&シークヮーサー 新発売

  • 2014年

    スパークリングワイン製造設備導入

  • 2016年

    Nago wine シリーズ 新発売

  • 2017年

    Summer Snow シリーズ 新発売
    スパークリングワイン JWC シルバー賞・ブロンズ賞 受賞

  • 2018年

    Summer Snow ロゼ 新発売
    パイン酢&ブルーベリー 新発売
    パイン酢&アセロラ 新発売
    スパークリングワイン IBA Finalist 受賞

    International Beverage Awards

    International Beverage Awards

  • 2019年

    パイン&マンゴージュース 新発売


2017年JAPAN WINE CHARENGEにて
弊社ワインがシルバー賞、ブロンズ賞を受賞しました